幼馴染のデカパイを直揉み!乳色吐息 上巻 幼なじみに男を刻め

さやかは失恋しているたかしを慰める為、冗談で胸を触らせてあげると言ってしまう。無類のおっぱい好きな彼にとって、それは冗談ではなく、ご褒美として受け止められてしまう。たかしは少しだけという約束を忘れ、大胆にもさやかの服を脱がし、胸を直に揉んでくる。制止しようとしたさやかではあったが、たかしの執拗なおっぱい責めの前には、なすすべもなかった。